本当の函館の場所知ってますか?実は結構間違えてる人多いんです。函館ってこんな街。

函館

は〜るばるきたぜ 函館へ〜
さかまく波を のりこえて〜

北島三郎 「函館の女」


函館と言えば、くびれた夜景の景色。

百万ドルの夜景と言われ、世界三大夜景にも選ばれた観光スポット。

結構有名な観光スポットなのに、間違えてる人も結構多い!

なので、今回分かりやすく地図載せます☆

(Googleマップ)


もう少し拡大します。

(Googleマップ)

どうです?見えましたか?

あの握りやすそうな場所ではなく、そこを更にズームしてやっと見える丸枠の場所が函館なんです。

更にズームすると、みなさんの知っているであろう夜景のくびれが見えます。

(Googleマップ)


そう、何を隠そう実は函館 すごく小さな街なんです。

空の上からだともっと分かりやすいです。

(空からの函館山)
(街の空の上から撮った函館)


函館は海に囲まれてる小さな街なので、車で10分くらい走るとすぐ海に出ます。

右も海、左も海、前は函館山。

そんな函館民は海が好き。

札幌に来てから、たまに言われるのが、

「やっぱり函館の人は定期的に海を見たくなるの?」
と聞かれます。

正直、私は定期的に海見たくなるタイプ。

東京に15年住んでいた時も、年に2〜3回は鎌倉に行って海を見てました。

そして、横浜も年に2〜3回行って海を見て、千葉にたま〜に海を見に行く(笑)

実家には年に3回帰ってたので、その時も海を見ながら、「やきとり弁当」を食べたりしてたので、

一年で結構海見てた事になります。

そう思うと、やっぱりきっと函館民は海が好きなのかも。

そんな函館民には、少し変わった習慣があります。

七夕になると、子供達が20ℓくらいの袋を持って、

短冊を飾ってるお家の玄関を勝手に開け、いきなり歌を歌います。

たけ〜に短冊七夕まつり おおいに祝おう ロウソク一本 ちょう〜だいな

そうすると、玄関の奥から家の住人がパタパタと走って来て、

ニコニコしながら歌を聞いてくれます。

最後まで歌を歌ったら、おうちの人がお菓子や、花火、ロウソクをくれるので、

子供達は20ℓの袋に、もらったお菓子などを入れて、また次のお家に行きます。

20ℓの袋がいっぱいになったら、みんなで花火をしながらお菓子を食べて、

まんぞくしてお家に帰ります。

でも、今はあまり短冊を飾るお家も少なくなってしまったみたいで、子供達も回るお家が少なくなってしまったそうです。

ちょっと悲しい…。


ちなみに「やきとり弁当」は、コンビニで焼き鳥を焼いてくれて、お弁当にしてくれる函館名物です

「やきとり弁当」といっても、鶏肉ではなく豚肉です。

そして、塩味とタレ味が選べるのですが、オススメはタレ!!

白米の上に海苔がひかれていて、その上に豚串がのってるんですが、

そこに、たっぷりの甘辛い、あましょっぱいタレ…♡

もう、思い出しただけで美味しい。

紅生姜ももらえるので、紅生姜と一緒にたべるとご飯がどんどん進んじゃいます。

函館に来ることがあればぜひ食べて欲しいB級グルメ弁当です!!

(店員さんが焼き鳥を焼いているところ)



こんな街が函館です♡

喰われ熊
created by Rinker
タイトルとURLをコピーしました