赤ちゃんは言葉を「単語のメロディー」として聞いている。英語はいつから教える?

子育て

赤ちゃんは、ハイハイをする前から言葉を学んでいます。

赤ちゃんにとって言葉は、単なる言葉メロディー


言葉ではなく、音の流れとして聞いているんです。

その音のトーンをどんどん理解して、音の響から言語として学習していきます。

何度も、何度も、お母さんやお父さんの言葉をメロディーとして聞いて、その音のトーン、速さなどで意思疎通をしていきます。

そして、一歳になる頃から、音の流れではなく単語として言葉を理解しはじめていきます

言葉のメロディーは、言葉の単語よりも限りなく広い世界なので、そこから言葉を理解していくなんて赤ちゃんはすごいですよね。

生後6ヵ月までの赤ちゃんは、言葉を覚えなくても世界各国の言葉をメロディーとして聞き分ける事が出来ると言われてます。

そして、6ヵ月を過ぎたあたりから、自分に必要な音だけを学習していき、
9ヵ月頃から自分にいらないと思った音をどんどん捨てていきます


でも、これは赤ちゃんにとってすごく大切な事。

お母さんやお父さんと会話する為に一生懸命必要なメロディーを覚え、
両親の表情を見ながら、音の強さ、速さ、トーンの高さや低さを合わせて、単語として理解していく。

そして、単語と単語を組み合わせて言葉を覚えていく。

単語のメロディーから会話のメロディーへ

本当に赤ちゃんの脳は無限大ですね。

もし、赤ちゃんが何かに目を止めて興味をしめしたら、積極的に言葉を教えると、一生懸命その単語を聞いて声に出そうとしてくれるかもしれません。

赤ちゃんは英語の「L」と「R」の違いを聞き分けられるとよく聞きますが、これで納得しました。

そして、地域の訛りなども、この段階でメロディーとして聞いて覚えているんでしょうね。

バイリンガルに育てたいなら、英語を早くから聞かせた方が良いと言われてるのは、こういう理由があったからなんですね。

必要の無い単語を捨てた大人が英語を習うより、色々なメロディーに興味がある子供のうちに英語を学んだ方が簡単に覚えれそうですしね♪

結果、英語を覚えさせたいなら、早ければ早い方が良い

絵本であそぼ! くまのプーさん
created by Rinker


でも、英語を学びたい、学ばせたいと思った時が一番良い時期なのかもしれないですね。

大人になってからでも英語に触れられるし、0歳から英語を学んでる子よりも、
9歳から英語を習った子の方が、バリバリの英語を話したりする事もあるみたいです。


ちなみに、我が家は誰も英語話せないので、息子にはYouTubeで生まれた日から英語の歌を聞かせてます。

これだけじゃ英語は話せないと思うけど、英語を聞ける耳は出来るんじゃないかと淡い期待を抱いて。

そんな息子君は1歳5ヵ月で「アリアリオ Ari Ario」と小声で英語の歌を歌ってます(笑)

日本語の歌だと、「おもちゃのチャチャチャ」の「チャチャチャ」だけを小声で歌ってます。
(なぜ小声?笑)

我が家で見せている動画




そんなこんなで、今回は私が小さい時に唯一歌えた英語の歌「カマーは気まぐれで」でさようなら〜

Karma, karma, karma, karma, karma, chameleon,
You come and go, you come and go.

カルチャークラブ 「カマーは気まぐれ」


P.S このフレーズしか歌えませんでした。

タイトルとURLをコピーしました