乳幼児突然死症候群にならないために。実は赤ちゃんの眠りの浅さとSIDSには関係がある?

子育て

健康な体があればいい、大人になって願う事

膨大な知識があればいい、大人になって願う事

笑う事よりも大切な誰かの手を強く握って

終わらせる勇気があるなら、続きを選ぶ恐怖にも勝てる

誰に祈って救われる、それよりも大切な手をとって

BUMP OF CHICKENの「HAPPY」より

子育てで疲れた時の3つの魔法の言葉

 

子育てで疲れてる時こそ力を抜かなきゃ!!

だけど

つい力の抜き方を忘れてしまうくらい一生懸命頑張ってしまう。

そんな事よくありませんか?

 

私はいつもでした…。

 

だけど、そんな時に私が良く言っていた言葉があります。

 

それは

「しょうがない」

私は割と口に出して言っていました。

 

2つ目

「私も一生懸命、子供も一生懸命」

この言葉は、子供が泣いてる時によく言っていました。

 

3つ目

「完璧すぎない育児を目指

この言葉は自分だけではなく、夫や両親、親戚などに言って宣言していました。

親戚(私にとって子育ての大先輩)に言った時

「うん、すごく良い!それ大事なこと!」と言われて安心しました。

(誰かに認めてもらえたり、受け入れてもらえると安心するのは私だけかな??)

 

 

息子はあまり夜泣きが酷い方ではなかったけど、

それは泣いてる原因を見つける事が割と多かったからだと思います。

 

新生児の時は「ミルク」の時くらいしか夜は泣きませんでした。

でも、だんだんミルクの時間じゃない時も泣きはじめて

「どうしてかな?」と思い、色々試していたら分かった事があります

 

それは

泣いてる原因の大体が遊びたがり。

ネットで色々調べても、遊びたがりで夜泣きをすると言う記事は全然無かったので

気がついてあげられた時は喜びでした♡

 

 

夜泣きについて色々調べましたが、

大体がミルク・おむつ・温度・生活リズムの変化・電気の暗さ、

などなど、こんな感じの事が書かれてたので全部試しました。

 

それでもダメ…。

 

でも、ある事に気がつきました。

夜泣いてる時、寝室であやすよりリビングであやした方が泣き止む

意地になって寝かせなきゃ!と寝室で寝かしつけても泣くので

「もう、しょうがないどうせ寝ないなら、リビングに連れて行こう」

と無理に寝かせる事を諦めて、リビングに連れて行くスタイルでした。

 

目指せ「完璧すぎない育児」です。

 

 

ちなみに、睡眠についても調べたのですが、

赤ちゃんの睡眠リズムが整うまでは、眠る時間帯も大切だけど、

それよりも、赤ちゃんがぐっすり眠ってくれる時間があるなら

そちらの時間を大切にしてあげるのも良いみたいです。

 

そして私は色々考えました

 

「大人だって色々な性格や生活リズムの人がいるのと同じで、

赤ちゃんにも、色々な性格とリズムがあるのかも」

 

 

「お母さんのお腹で10ヶ月も一緒にいたのに、

いきなりお母さんと離れ、1人で外の世界に出され不安だらけの中

赤ちゃんなりに一生懸命リズムを作ろうと頑張っているけど

どうして良いのか分からず、赤ちゃんも不安で泣いてるのかな?」

 

「私でも引っ越しして、知らない土地に住んだら慣れるまで1年かかるし、

何なら住み慣れた場所を思い出して新しい土地の文句ばかり言ってた…。」

「そう思うと、こんなに小さい赤ちゃんが何か伝えようと一生懸命泣くのはしょうがない」

 

など、赤ちゃんの気持ちを勝手に想像していました。

 

 

自分の中の理想の子育てと、現実の子育てのギャップ

 

妊娠中の時から色々調べてはいたけど、ここまで子育てが大変だとは思いませんでした。

 

大変かもしれないけど、子供にはYouTubeとか見せずに絵本を見せようとか、

お散歩は毎日行こうとか、色々想像していたけど、そこに泣き声のストレスは想像していませんでした。

(生まれてから分かる事ってたくさんありますね( ; ; ))

 

 

心に余裕が無い時は

赤ちゃんの泣き声って結構ストレスになりませんか?

(私だけかな?)

ストレスと言っても色んな種類があると思いますが、

 

私の場合は

焦りと、泣き止ませてあげられない不甲斐なさ。

何で泣いてるのか理解してあげたいのに理解してあげられない。

可愛い自分の子供が涙を流して泣いてる辛さ。

これがストレスになっていました。

(うるさいとか、そう言うのは思わなかったなぁ〜)

 

そんな時は魔法の言葉

 

「私も一生懸命頑張ってるけど、この子も生きる為に一生懸命泣いてるんだ」

 

といつも思っていました。

 

乳幼児突然死症候群と赤ちゃんの眠りの浅さの関係

 

赤ちゃんが眠りが浅くて、ちょっとした事で起きて泣いてしまうのは

生きる為の本能でもあると何かの記事で読みました。

(なんの記事か思い出せず、すみません)

赤ちゃんは、うつ伏せになったまま深い眠りに入ってしまうと

息をするのを忘れてしまう事があるそうです。

 

 

 

乳幼児突然死症候群

(SIDS)

 

乳幼児突然死症候群は

主に1歳未満の赤ちゃんが、何の予兆もなく突然亡くなる病気です。

元気だった赤ちゃんが、眠ってる間に突然息をしなくなるなんて、

考えるだけでも不安で、こまめに子供の息を確認してました。

 

「赤ちゃんも、SIDSにならないように眠りが浅いようになってるとしたら

ぐっすり眠れないのは私だけじゃないのか。」

 

「私も寝不足で子育て頑張ってるけど、赤ちゃんも生きる為に頑張ってるんだ」

と思ったら、また少し心が軽くなりました。

 

むしろ、「お互い一緒に頑張って、少しずつ親子になろうね」とまで思えました♡

 

色々調べれば調べるほど、赤ちゃんも生きる事に必死だと知り、

私も必死、赤ちゃんも生きる事に必死なんだなぁと。

そう思うと、こんな経験出来るのは親子だからこそで、

中々意思疎通が出来ない時から少しずつ意思疎通が出来る様になって

どんどん私も母親らしくなっていくのかと思うと、

急いで完璧な母親にならなくても良いんじゃないかと。

 

理想の母親よりも、子供と一緒に徐々に我が家らしい母親になることが出来れば良いんじゃないかと

そう思いながら日々頑張ってます☆

 

赤ちゃんの手足が冷たいから、たくさん着せてあげたくなりますが、赤ちゃんの手足は冷たいもの。

大人より1枚少ない服装がちょうど良いと病院で教わりました。

 

 

頑張りすぎない

完璧過ぎない育児

 

 

簡単なようで少し難しいですけど、

疲れた時は子供に「ママ少し疲れた~」と言うだけ言ってみても良いかもですね♡

 

そして、その後に「でも、ママ頑張るけどね(笑)」と言えば

愚痴くらいチャラになるはず!(笑)

ちなみに私はそうしてました。

 

まとめ

 

最後に、私が思ってる事一つ。

 

疲れてるママさんはきっと頑張り過ぎてるんじゃないかと。

でも、それだけ真剣に子育ての事と自分の事に向き合ってるからじゃないかと。

ただ、その頑張りも頑張り過ぎちゃうと気持ちが空回ってしまって、

疲れてしまうんじゃないかと…。

 

今しか見られない可愛い表情や、仕草もいっぱいあるので、疲れ切ってしまう前に、

魔法の言葉唱えてみてほしいです☆

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

PS  オシャレな育児してるママさん達って、

どうしたらあんなにステキオシャレでいれるのか。

本当に尊敬です。

私も心とお財布に余裕が出来たら、おしゃれママ目指して見ようかな☆

タイトルとURLをコピーしました