絵本で学ぶ 想いを伝える大切さ「ずーっとずっとだいすきだよ」切ないけど優しい物語

子育て

朝起たら、大好きなペットが亡くなっていた。


大人になると、なかなか素直に愛情を伝える事がなくなる。

でも、子供はとても素直。

良いことも、悪いことも、疑う事なく いつでも真っ直ぐ。

その気持ちって、すごく大切な事なのに、やっぱり大人になると忘れちゃう。


今回の絵本は、愛情を伝える事の大切さを教えてくれる、
犬のエルフィーと少年のお話です。


【ずーっと ずっと だいすきだよ】

ずーっとずっとだいすきだよ
created by Rinker


あらすじ

子犬のエルフィーと、小さな少年は、どんな時も二人一緒に過ごしてきました。

そして、二人は一緒に大きくなります。

でも、犬のエルフィーの方が、ずっと早く大人になります。

少年は、エルフィーの あったかい お腹を枕にして寝るのが大好きでした。

そして、少年と同じように、少年の家族も皆んなエルフィーの事が大好きでした。


でも、家族のみんなはエルフィーに「すき」と言いませんでした。

言わなくても伝わってると思っていたんです。

いつしか時がたち、エルフィーは歳をとって寝ている事が多くなります。

エルフィーのお腹を枕にしていた少年は、今度は柔らかい枕を毎日エルフィーにやります。

そして、必ず寝る前に

「エルフィー、ずーっと、大好きだよ」と言ってからエルフィーと一緒に寝るようにしていました。

ある朝、目を覚ますと、エルフィーは死んでいました。

家族は皆んな泣いて悲しみました。

少年も悲しくてたまらなかったけど、みんなより少し気持ちがラクでした。

なぜなら、毎日エルフィーに「ずーっと大好きだよ」と伝えていたからです。



私は、この絵本を本屋さんで試し読みした時、途中までしか読んでないのにウルウルしてしまい、最後まで読んだら泣いてしまうと思ったので、ちょっと目頭が落ち着いてからレジに行きました。

そして、家で何度も読みました。

読めば読むほど、大人にとっても、子供にとっても、とても大切な事を教えてくれる絵本だと思いました。

人でも動物でも、ちゃんと言葉にして思いを伝える

本当は簡単な事なのに、何故か大人になると、それが難しくなったり、恥ずかしくなったり。

言わなくても分かってくれてるはず、伝わってるはず。

毎日一緒だと、あたりまえの事が、実は あたりまえじゃない事を忘れてしまう

そんな大切な事を気づかせてくれる絵本でした。

私の話になりますが、
私は小さな頃に猫を飼っていました。
名前はぴーちゃん
ぴーちゃんは23年生きてくれました。
私が両親に怒られると、私の両親を威嚇して私を守ってくれる勇敢な猫です。

小学3生の時に家に来たぴーちゃんは、私が大人になって東京に上京しても元気でした。
でも、やっぱり歳には勝てず、両親から「もうダメかもしれない」と連絡が来ました。
私はすぐ実家に帰りました。

両親からは「もう一人で立つことも出来ない」と言われていたので、
実家に帰ったら、介助は全部私がやろうと思ってました。

でも、家に帰って急いでリビングに行くと、
ぴーちゃんは、前足をピンっと揃えて、前足だけで何とか立ち上がって私を待っていてくれたんです。

私の「ただいま」の声を聞いて、一生懸命私を待っていてくれました

一生懸命力を入れた前足は、力を抜くことも出来なくなってました。

足にの力を抜くことも、実はとても力がいることなんですね。

私は、急いでかけよって、

ぴーちゃん、ありがとう、たくさん待たせちゃったね、待っててくれてありがとう、帰ってきたよ
と伝えました。

そして、ぴーちゃんのピンっと力をこめた前足をそっと握って、ゆっくり体を横にしました。

その日にぴーちゃんは死んでしまいました。

動物の死、大切な家族の死。

私は大人になってから経験しました。

子供の時には中々経験出来ない事ですが、
この絵本を通じて、大切な人や動物にありったけの愛を伝える大切さ。
言葉にする事の大切さ。
そして、どうしてもやってくる死に後悔しないように向き合う大切さを、伝えられる絵本だと思いました。


毎日、大好きと言われたエルフィーは亡くなってしまったけど、きっと幸せだったろうなぁと思います。

ずーっとずっとだいすきだよ
created by Rinker

タイトルとURLをコピーしました