乳がん検診引っかかったら「要精密検査」でする検査は?エコーとマンモグラフィーでわかること

乳がん


乳がんの検査で「要精密検査」になりました。

30代で「要精密検査」になったら、どんな検査をするのか
先生からどんな説明があるのかとても不安でした。

そして、検査をするのはとても大切な事だと身をもって実感したので、今回検査の体験を記事にします。


「要精密検査」は、どんな検査?

「要精密検査」でする検査は2つあります。

・細胞診
・組織診(針生検)

この2つです。

若い人は、マンモグラフィーも「要精密検査」で撮ります。

私は30代なので、1回目の検査はエコーのみでマンモグラフィーを撮っていませんでした。

なので、今回マンモグラフィーも撮る事になりました。

マンモグラフィーを撮ったあとに、診察で先生からのお話。
 
なぜ、今回「要精密検査」になったのか、現在のシコリの状況、がんの疑いはどのくらいなのか。

そして、今回は「細胞診」と言う精密検査をします。と説明がありました。

ちなみに、マンモグラフィーは「痛い」とよく聞いていたのでドキドキでしたが、私は全く痛くなかったです。

どうやら、全く痛くない人と、すごく痛い人に分かれるそうです。




エコーとマンモグラフィで分かる事の違い

「乳がん」検査と聞くと「マンモグラフィー」のイメージがありますが、
年齢が若い人は「マンモグラフィー」より「エコー」の方がシコリが写りやすいそうです。

若い人は、なぜ「エコー」の方がシコリが写りやすいのか

「マンモグラフィー」は乳腺を写す機械。

マンモグラフィーだと、がんは白く写ります。
でも、乳腺も白く写ります。

そして、若い人は乳腺が活発なので、マンモグラフィーだと乳腺で胸の写真はほぼ白く写ります。

乳腺の白色と、がんの白色がまざり、がんが見えなくなってしまうそうです。

実際、私のマンモグラフィーの写真も真っ白に近かったです。

なので、若い人の「乳がん検診」は「エコー検査」になります。

「エコー検査」は乳腺も写らないので、小さなシコリも見つけやすいです。


ねこさん
ねこさん

あれ?
じゃあ、40代でもマンモグラフィーをしないで、エコーだけでも良いんじゃニャい?


おむすびキャット
おむすびキャット

そう思うよね?
私も同じ事思って先生に聞いてみたよ!


外科の先生
外科の先生

実は、がんの形も色々で、
砂のような微粒タイプの形のがんだと、小さすぎてエコーじゃ写らないんだよ


おむすびキャット
おむすびキャット

それなら、検査で引っかかったらエコーとマンモでちゃんと検査した方が良いのかぁ〜


外科の先生
外科の先生

ちなみに、散らばった形のがんは、ほぼ治る確率が高いんだよ




【細胞診】・【組織診】とは?

【細胞診】【組織診(針生検)】の精密検査はどんな検査なのか。

私は【細胞診】しか、やらなかったのですが、先生に2つの検査を詳しく説明してもらいました。


・【細胞診】

「細胞診」は、エコーでシコリの部分を写しながら、注射針と同じ太さの針を胸にさし、シコリまで針を挿しこみます。

シコリまで針が到達したら、スポイトのように細胞を採取。
これを2〜3回繰り返します。

そして「細胞診」では、がんの確率が7割〜8割ほどの結果しか分からないので、確実に完璧に分かるというわけではないそうです。

なので「細胞診」の検査をしても、がんの確率が10パーセントでもあると「組織診」もする事になります。

「細胞診」は結果がでるまで1週間かかりました。


※針をさされてる時の話
私は、注射が大嫌いすぎて、どのくらいの長さの針かは全然見てなかったのですが、
針を刺したあとに「シュポッ!シュポッ!シュポッ!」とめちゃくちゃ「シュポシュポ」されてました。

その音だけを聞きながら、私はひたすらエコーの画像をみて
「シコリさん、お願いだから針から逃げないで(泣)」
と心で唱えてました。

針をさされてる時は、注射と同じくらいの痛さだけど、針でシコリを追いかけてる時は、やっぱり少し痛い…

例えるなら、血液検査で注射をさされて、血管が逃げて、針をさしたまま血管を探されてるのとおなじ痛さ。

でも、ぜんぜん我慢できる痛さでした。



・【組織診(針生検)】

「細胞診」では確実に癌かどうか分からないので、「細胞診」をしても、がんの疑いが高い場合に行う検査です。

「組織診」は、注射針より太い針でシコリの細胞をとるので、局部麻酔をしてとります

針の太さはボールペンの芯ほどの太さで、細胞は2センチほど採取すると説明をうけました。

そして組織診」は「細胞診」より正確に情報がわかるので、9割以上の確率で結果がわかるそうです


※ちなみに
ひと昔前はボールペンの芯ほどの針ではなく、手術をして胸を切って細胞をとってたそうです。
胸を切ってしまうと、次の手術で支障がでる事があるので、今は切らずに細胞をとるそうです。


がんの形

乳がんの形は色々あるなかで、私が教えてもらったのは、砂なのような微粒タイプの形と、まるいシコリからトゲのような線が伸びているタイプの形。

シコリがある人は、このシコリを拡大して、線が伸びてないか確認するそうです。

わかりやすいイメージだと「ウニ」みたいな感じです。

良性のシコリには、トゲがでないと聞きました

そして、乳腺がんは乳腺の組織からできるがんで、だいたいの乳がんは、乳管から発生します。

その乳管の中でシコリからのトゲがおさまってると良いのですが、そのトゲが乳管を突き出してしまうと、進行性の高い乳がんになるので、やはり早期発見が大切です。

定期的に乳がん検診をしていると、もし乳がんが見つかっても9割の確率で治るそうです

今の時代は乳がんは、早期発見でかなり治る確率の高いがんだと聞いて、少し安心しました。

「要精査」=がんではない

乳がん検診の結果で「要精密検査」と書かれた紙が届いたら驚きますよね。

とても不安になる人の方が多いと思います。

私も不安でした。

手紙の中には「要精密検査」で実際に乳がんと診断されるかたは少ないです。
と書かれてました。

「要精密検査」で実際に乳がんと診断されるのは20人に1人

これが、多いのか少ないのか正直よくわからないけど、とりあえず不安でした。


私が、乳がん検診に引っかかった理由

なぜ、私が乳がん検診に引っかかったのか。

乳がん検診のエコーの画像をみて「要精密検査」かどうか決まるのですが、
そのエコーの画像で「カテゴリー」分をして「カテゴリー3」になると「要精密検査」です。

そして「カテゴリーは5つ」あります。


乳がん・5つの「カテゴリー」

【カテゴリー1】
(正常)
何もないじょうたい

【カテゴリー2】
良性
(がんではない)

【カテゴリー3】
良性だけど、悪性の可能性否定できず。
(がんの疑い10%)

【カテゴリー4】
悪性の疑いあり
(がんの疑い50%)

【カテゴリー5】
悪性
(がん細胞あり)


と5つのカテゴリーがあります。

私は「カテゴリー3」でした。

「要精密検査」は「カテゴリー3」からなります。

なぜ私が「カテゴリー3」になったのか

3年前に、夫の会社で私の健康診断をしてもらいました。

そこで初めて乳がん検診に引っかかりました。

でも「要精密検査」ではなく「1年に一度の検診が必要」とだけ書いてありました。

そして、2年前から自分の通ってるかかりつけの病院で「乳がん検診」をする事にしました

かかりつけの病院で検査しても「1年に一度の検診が必要」と手紙が来たので、今年も同じ病院で検査をしたら、検査技師さんが、私の左胸をしきりに触って

「このシコリはいつから?」

「去年より大きくなったと感じる事はある?」

と聞いてきました。

私のシコリは去年より大きくなってました。

シコリは、7.8ミリから1センチになっていました。

シコリが1センチになると「要精密検査」の対象になるそうです。

そして、私のシコリから2本対象にトゲのような線が少し出ていたので「要精密検査」で「細胞診」をしました。

先生は「細胞診」で「良性」だったけど、このトゲが少し気になるようでした。

「今回の「細胞診」検査の結果でほぼ「良性」だけど、「細胞診」の検査は確実ではないから、半年後も様子を見るために検査をしましょう」
と言う事になりました。

そう言われると、ちゃんと定期的に検査するのは本当に大切な事だと思いました。

定期的に乳がん検診をしていたら、乳がんが見つかっても9割の確率で治ると言う先生の言葉を信じて、定期的に検査します。

定期的に検査する大切さ

「要精密検査」の手紙が来た時は不安でしかたなかったですが、病院に行って先生とお話をしていたら、乳がんは早期発見でほぼ治ると聞いて少し心がかるくなりました。

先生は「定期的な検査をしていたから、私のシコリの大きさも把握できた」と言っていました。

そして、同じ病院で検査していたおかげで、去年と今年のシコリの大きさと、トゲのような線も比べることができました。

毎年同じ病院で検査してよかったです。

先生の話を聞けば聞くほど、乳がんは早期発見が大切で、そして治る病気だと思えました。

少し前までは、リンパ節が腫れてない前提でシコリが2センチ以上から「要精密検査」になっていたそうです。

最近はリンパ節が腫れていなくても、シコリが1センチから「要精密検査」が出来るようになったので、早期発見出来る確率もあがったそうです。


乳がん検診は、40歳からと思っていましたが、最近は30代でも乳がんになるかたが増えています。

さらに、女性の30~64歳での死亡原因のトップが乳がん。

そして、日本は乳がん検診の受診率がとても低い国

欧米では、乳がん検診をする人が増えて、早期発見につながり、乳がんで亡くなる方が減っています。

早期発見で治る病気なら、やっぱり定期的な検査はとても大切ですね。

日本も30代から乳がん検診する人が増えると良いなと思います。


タイトルとURLをコピーしました